学生時代の帰省は高速バスで決まり

昔より運行ルートも多岐にわたり高速バス、夜行バスで北から南まで日本全国、旅することが可能になりました。他の交通手段に比べて運賃の安さが魅力ですので、若い人など交通費にお金をかけられない場合の選択肢として大変おすすめです。私も学生時代の帰省の交通手段として、浜松発京都着の高速バスをよく利用していました。
しかし、私の体験になりますが、以前高速バスに乗っていたところ、高速道路のサービスエリアで休憩を取り、出発した後、乗客が一人バスに戻っていないことがわかりました。
サービスエリアに乗客が取り残されてしまったのです。サービスエリアから出発する前に運転手さんが乗客の人数を確認していましたが、確認漏れがあったようで、一人乗車しないまま出発してしまいました。その乗客が決められた休憩時間を守らずに、バスまで戻ってこなかったことにも原因がありました。その後、その乗客は次の便の高速バスに乗って目的地まで行き着く手配がなされました。
高速バスや夜行バスは距離にもよりますが、運転手さん一人でバスの運転、乗客の対応等をしており、大変なお仕事だと思います。それ故に目の届かないこともあるかと考えられます。メリット・デメリットを考えて賢く利用しましょう。

«